文章 の分かりやすさを阻害する誤解と曖昧な表現! 「の」と「も」


文章 は読み手に何かを伝えるためにあります。
 
 
読み手の立場に立って
 
分かりやすく書く
 
これは文章を書く時の
 
基本的な姿勢です。
 
 
ところが文章によっては
 
相手に誤解を与えたり
 
読み難くなったりします。
 
 
このようなミスは何気なしに
 
見逃してしまうことも多いものです。
 
 
そこで何気なく使っているものの
 
読み手に誤解を与える表現、
 
分かりにくくしている表現について
 
反省の意味を込めて考えてみたいと思います。
 

Unsplash / Pixabay


 

文章 に誤解を招く「の」


 
「弟の絵画」
 
この書き方をどう思いますか?
 
曖昧な書き方です。
 
・弟を描いた絵画
 
・弟が手にしている絵画
 
・弟が描いた絵画
 
受け取り方が様々にできます。
 
これだけでは読み手はどのように受け取るべきか
 
迷ってしまいストレス・誤解を招きかねません。
 
自分では分かっていても
 
読み手にとっては分からない場合もあるのです。
 
 
情況が文脈から判断できる場合に限って使用すべきでしょう。
 
 
ではこれはどうでしょう。
 
福岡の弟の会社
 
これはさらに曖昧ですね。
 
 
・福岡に住んでる弟が経営・所有している会社
 
・福岡に住んでる弟が勤務している会社
 
・弟が経営・所有している福岡にある会社
 
・弟が勤務している福岡にある会社
 
まだいくつかも選択肢があり
 
読み手にとっては解かりづらく誤解の元です。
 
 

文章 に誤解を招く「も」

 
「の」と同様「も」も良く使いたくなる助詞です。
 
 
普通は2つの事柄を並べて使う助詞ですが
 
つい片方だけ使う助詞ですね。
 
普通は
 
「沖縄へは飛行機で行く方法も船で行く方法もある」
 
と使うところを
 
「沖縄へは船でいく方法もある」と
 
書いてしまうと
 
他に何か方法があることを示唆する結果となり
 
読み手はそれが何か分からないのでイライラします。
 
 
沖縄のことは誰もが知っていますので
 
イライラする情況になることはまず無いとは思いますが。
(例えがまずかったな)
 
 
ではうっかり
 
こんな文章を書いてしまったとしたらどうでしょう。
 
 
「今度のオリンピックには予選を勝ち抜いても出場できる」
 
こんな文章をオリンピック強化選手が読んだとしたら
 
疑心暗鬼に陥りかねないと思いませんか?
 
予選以外に選考基準があるかもと思ってしまいますね。
 
 
現在のオリンピック選考基準がどうなっているのかは分かりませんが
 
過去には選考基準が曖昧な競技団体もありましたので
 
なおさら誤解の原因になり易い文章になってしまいます。
 
 
別の言い方を考えるべきですね。
 


 

見逃しやすい「の」と「も」

 
「の」や「も」は使う頻度が多い助詞です。
 
深く考えずついはずみで使ってしまうことも多いと思います。
 
 
やばい状況を作り出さないためにも
 
見逃す確率が多い分
 
推敲などで見直すポイントの一つだと思います。
 
 
名詞や動詞を修飾する形容詞や副詞の位置関係は
 
離れすぎて分かりにくいとか誤解を招くかもしれないと
 
注意して見直すものです。
 
 
半面「の」や「も」は文脈によって
 
曖昧になる時もそうではない時もあるという
 
紛らわしさも加わってか
 
軽視されがちです。
 
 
誤解を受ける恐れがないかくらいは
 
再検討すべきだと考えています。
 
 

誤解されてるかもしれない語句

 
使い方とは別に語句そのものに誤解があることがあります。
 
 
・情けは人のためならず
 
人に情けをかければ
 
その情けが巡り巡って自分に返ってきて
 
結局自分のためになるというのが本来の意味ですが、
 
情けをかければ
 
かけた人のためにならない
 
こんな意味で使う人が多いです。
 
 
・役不足
 
逆の意味に考える人が多いです。
 
「こんな大役、彼には役不足です」
 
このような使いかたは間違いになってしまいます。
 
 
本来の意味から考えると
 
「この大役は彼にとって簡単すぎます」と
 
妙な意味になってしまいます。
 
 
役不足といった場合不足するのは
 
役目の方であって人間ではありません。
 
 
「総理大臣など私では役不足です」
 
などと言うと
 
本来の意味からは
 
「総理大臣は私には簡単すぎて阿保らしい」
 
と言ってるような意味になりますが
 
「総理大臣の責務は私には荷が重い」
 
このような意味に取る人が多いです。
 
 

誤解を招きやすい語句を避ける

 
何故取り上げたかというと
 
これらの語句は例え話などで
 
使いたくなるような時もあります。
 
 
でも何気なく使って
 
誤解を受ける事になってもつまらないし
 
普段使う語句の中にも
 
誤解を受けやすい語句が潜んでいることにも
 
注意した方が良いと思います。
 
 
文法上どっちが正しいのどうのと
 
議論したところでどうにもなりはしません。
 
 
違う意味に取っている人が多い以上
 
使わないことは選択肢の一つでしょう。
 
 
勘違いの多い言葉のおまけとして
 
「姑息な手段」というのも挙げておきます。
 
暇な方は調べてみるのも良いでしょう。
 
 

まとめ

 
誤解を受けにくい文章にすることは
 
分かりやすい文章にするための
 
ひとつの要素ですが
 
助詞などの使いかたで
 
誤解を招くこともあります。
 
 
記事をある程度書き慣れてくると
 
他の要素に目が向きやすくなってくることを踏まえ
 
ここらで一度原点に戻って見直すことも
 
重要かと思い記事にしました。
 
 
最後にもう1つ「平均寿命」という言葉をどう思いますか?
 
毎年発表される度に平均寿命が延びて
 
自分の寿命も延びていると勘違いしている人も多いと思います。
 
 
平均寿命が当てはまるのはその年に生まれた子供だけですから
 
勘違いしないようにしてください。
 
 
あなたに当てはまる平均寿命は
 
あなたが生まれた年の平均寿命です。
 
 
勿論その後の環境変化などによって寿命は延びるでしょうが
 
毎年発表される平均寿命とは別物です。
 
これも勘違いの多い語句ではあります。
 
 
ここまでお付き合いして頂いて有難うございました。
 

Comment

  1. Toshikinuyoさん、またまたお久し振りです(^^;

    助詞や接続詞はとても難しいですよね。
    現実としては、やはりほかの方の文章を読んで
    反面教師とする方が覚えやすいかなと感じております。

    どうしても、自分の文章は読み返しても
    甘くなってしまうもので(^^;

    平均寿命・・・なるほどでした。
    関係ない話で申し訳ありませんが、私としては
    健康寿命がどう推移しているのか、
    もう意識もなく入院している方の寿命は
    除外していただきたいと思うのですが・・・
    まあ賛否両論あるのでしょうね(^^;

    ポチ終了です♪

    • toshikinuyo より:

      オフィスFUJI様 おはようございます。

      記事を書くなら
      伝えたいことが正確に伝わらないと
      いけません。

      ちょっとした勘違いから
      違うように取られても困りますから
      注意しておきたいポイントとして記事を書きました。

      勘違いの多い語句も中にはあるようですです
      使用する時は気をつけたいです。

      今後とも宜しくお願いします。

      Toshikinuyo

  2. toshikinuyoさん、こんばんは。
    アフィリエイト副業で稼ぐ@たいちです。

    情報を発信する側は、文章一つにしても
    慎重にならなければいけませんよね。

    私は、記事を書くときには
    一旦、骨書きしてから、肉付けをしながら
    直接タイピングするのですが、

    あれ?  「を」だったかな? ん?
    などとわからなくなる時があります。

    そんな時には、一度パソコンの前から離れます。

    再度、パソコンの前に座った時に
    スムーズに思い浮かべられる時が多いんです。

    多分、記事を書いているときは、
    目の前の文字しか見る事が出来ないので
    冷静な判断が出来ないのだろうと
    思っていました。

    Toshikinuyoさん、
    またお伺いさせて下さいね。

    ありがとうございました。

    • toshikinuyo より:

      たいち様 おはようございます。

      ブログへの訪問有難うございました。

      会話であれば誤解された、
      言い方が悪かったなど
      すぐに判りますが
      文章となると誤解されたなら
      そのままという事も多いので困りますね。

      重要な箇所であったなら
      取り返しがつかないことにもなりかねません。

      気をつけたいですね。

      今後とも宜しくお願いします。

      Toshikinuyo

  3. はるにれ より:

    toshikinuyoさん はじめまして。
    はるにれと申します。

    言い回しは気を付けないといけないですね。

    「の」と「も」はたしかに私もよく使っている気がします。

    言いたいことがきちんと伝わるように
    私も気を付けていこうと思いました。

    • toshikinuyo より:

      はるにれ様 初めまして おはようございます。

      ブログへの訪問ありがとうございました。

      文章はうっかりで
      異なる意味に取られることがあるので怖いところがあります。
      会話であれば、
      すぐに気づくことが出来ますが
      文章の場合、気づくことがない可能性もあるので
      気をつけたいと思います。

      今後とも宜しくお願いします。

      Toshikinuyo

  4. はまぞふ より:

    Toshikinuyoさん、こんにちは。
    はまぞふです。

    「の」、「も」の使い方。
    混乱してしまいそうな文章を
    書いてしまう事がありますね^^

    使い方を間違うと、
    全く違う意味に捉えられてしまう事があるので、
    注意が必要ですね^^

    ちなみに、うちの会社の人も、
    「の」、「も」の使い方が、おかしい人がいるので、
    文章も読みにくいです^^;

    「平均寿命」の話。
    自分の寿命が延びているとばかり思ってました^^;
    生まれた年の子どもの平均寿命なんですね^^

    イロイロと勉強になりました^^
    応援完了です^^

    • toshikinuyo より:

      はまぞふ様 おはようございます。
      ブログへの訪問有難うございました。

      人の文章を見るとよく分かるけど
      自分が書いた文章は見逃していた。

      こんなこともよくありました。

      注意して考えると判ることですが
      慣れてくるとうっかり見逃すことも
      多くなるのかもしれません。

      今後とも宜しくお願いします。

      Toshikinuyuo

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

私が管理人です

ようこそおいでくださいました。管理人のToshikinuyoです。この名前は私の名前と妻の名前から取りました。今後とも宜しくお願いします。私の詳細については上部メニューのプロフィールからどうぞ

ブログランキング参加中です。

ラムネwordテンプレート

当ブログで使用中のテンプレート

全てのニーズに応えるWordPressテンプレート【FMテンプレート】高機能なのに型破りの低価格 ブログテンプレートの決定版です。お求めはお早めに

無料プレゼント

無料プレゼント

画像をクリックしてください。トップアフィリエイターによるアフィリエイト入門書をプレゼントします。私と一緒に頑張りませんか

コピーライティング秘伝書

無料多機能ツール

ご存知「エキスパートメール」が「エキスパ」へ社名変更したのに伴い実装した無料多機能ツール

・商品販売 ・アフィリエイト ・セミナー運営 ・顧客管理 ・webメール機能 ・チャット機能が無料で使える 高性能ツール

無料ダウンロード

Amasonランキングで一位を獲得したに人気Book 今なら無料でダウンロードできます。